ゆっくり進行・・・・・。

アリセプトの減量 薬の変更により、ここ数ヶ月落着いてる・・・・しかし、ゆっくりではあるが進行している ちりも積もれば山となるではないですが、やはり数ヶ月前と比べると、ゆっくりの進行も最近は気がかりな事になってきてるように思います。
たとえば、右足を少しひきずるような歩き方(びっこ) 前傾姿勢 飲み込みが辛そう 固形物はそうでもないのですが、お茶を飲む時口にため、飲み込む時目をつぶり飲み込みにくそうに、ゴックン
いつもいつも、そうではないのですが、辛そうに見えます。
主治医に話した所、ストローを使う・・・とろみをつけるなど指示されましたが、今のところ少しずつ飲ませ、様子をみています。
落着いてると思っていても、小さい問題が積み重なると大きなな問題に変わっていくようです。
もう、進行を遅らす薬の効目も限界なのでしょうか?
薬で、抑える事は、なるべくさけたいと考える今・・・どう対処していけばいいのだろうと?。
[PR]

# by usaginotubuyaki | 2009-01-29 17:59 | Trackback | Comments(4)

久し振りのランチ

娘の中学時代の、お友達のお母さんとランチ072.gifに行ってきました。
おもえば、1年振りのランチです・・・・・半年前に誘われた時は、義妹の暴言暴力に悩まされてた時で、時間のやりくりがついても、気持ちが拒否002.gif・・・・その後何度か誘われては断ってました。
今日は、久し振りに心が弾み、早朝から夕食の段取りをして、12時にお店の前で待ち合わせました。 はじめは義妹の介護の会話でしたが・・・・いつのまにか、ジムの話しに盛り上がり、近いうちに友達の通ってるジムに私も行こうかな~ なんて事に。
そこは、市が経営していて、2回の講習を受ければ、10時から21時まで、好きな時間に行き、使用料も1回200円・・・色々なマシーンもシャワーあり、何より自宅から5分と近いのです!
最近 運動不足でぶくぶく太り、年齢にわをかけてみにくいおばさんに・・・・・・・。
趣味のない私ですが、ようやく自分の為に時間を使おうと思えました。
少しは前向きになったかな? 気が変わらないうちに近いうちに講習だけでも受けようと思います。
[PR]

# by usaginotubuyaki | 2009-01-27 15:13 | 日常 おしゃべり | Trackback | Comments(20)

湯たんぽについて。

最近 色々な湯たんぽがでてますよね・・・・・これもエコかな?

義妹は元気な頃から、冷え性で電気あんかを使ってました。

2年前までは、電気あんかを使ってたのですが、コードを抜いたり、入れたりするので危なく

感じた時、湯たんぽを思いつきました。  しかし、お湯の注ぎ口のキャップをはずし、やけどで

もしたらと思い、色々探し現在の湯たんぽを見つけました。

もう 皆さん御存知で使用されてる方もおられると思いますが・・・・・・。

充電式でコードレスの湯たんぽ(湯は使わないのですが)です。

充電時間は20分で保温時間は6時間です。

レンジでチンするタイプと同じでふにゃふにゃ?した感じで、コードレスなので、就寝時だけでな

く、日常ひざかけのしたとか、足温器のように足元を温めたり、便秘の時など、おなかを温めた

りしています。

温度は、お湯を入れるタイプと比べると、やや低めですが11時頃から翌朝の7時過ぎまで

結構暖かいです。

私は、ネットで介護用品のお店で購入しましたが、Lサイズで2000円(送 別)でした。

希望小売価格は3150円です。

商品名は「エコ湯~湯愛}です。
[PR]

# by usaginotubuyaki | 2009-01-25 10:57 | 日常 おしゃべり | Trackback | Comments(6)

ちょっと・・・・嬉しかった。

056.gif最近 落着いてる?というものの表情が乏しくなってきたと感じてましたが。

昨日 夕飯を食べさせてる時・・・・私が言った冗談がつぼにはまったごとく、声をあげて

笑って003.gifくれました056.gif

その時の笑顔は、認知になる前の妹の顔です。

いつもは、怒ってるのかな?と感じるほど・・・・こわばった表情なんですが。

些細な出来事なのですが、久し振りに私自身も心から笑顔になれました。

今は、多くは望まない・・・・ただ義妹が笑顔でいてくれたら・・・・・・・。058.gif
[PR]

# by usaginotubuyaki | 2009-01-23 09:36 | 日常 おしゃべり | Trackback | Comments(0)

認知の始まり・・・・・。

8年前 義妹は乳癌で左乳房を失いました 手術の前日主治医から術後のリハビリについて説明があったと義妹から聞きました、そのことを1日に何度も聞かされました・・・はじめは乳癌のショックから一時的に精神的に混乱しているのだろうと思っていました。
しかし退院してからも、同じ事を何度も繰り返すことに・・・もしかして?と不安になりました、実父も
60歳でアルツになり、その時の初期症状ににていたからです そのうちに同じ事を繰り返すだけでなく、物忘れがが酷くなってきたのです。
主人と私は、病院(心療内科)に受診する様勧めましたが,当事47歳の義妹は、物忘れがあることは認めても決して行こうとはしませんでした・・・泣いて拒否したのです。
しかし、認知であることが日毎に確信するようになりました。
保健所に相談に行き、保健師さんに義妹の様子を見ていただきましたが・・・・アルツの中期だと言われました・・・・病院(精神科)に行くまでの1年でみるみるうちに悪くなっていきました。
毎日近くのスーパーに何回も行き、同じ物を買う・・・同じ場所で(スーパー)で2時間もいる・・・そんな日が何日も続く為、店の人に不信がられ・・・万引きと思われたようで義妹が行くと恒にマークされていました・・・・そんな日々が何ヶ月も続き、お店の方に事情を話しました。
その後は徘徊(家にはもどれるのですが) たばこを吸っていたのでキッチンの床はこげあとだらけ・・・・ストレス性健忘症ではないかもと話しどうにか精神科の物忘れ外来を受診することに成功しましたが・・・・やはりアルツの中期だと宣告されました・・・進行を遅らすことはできても完治する事は無に近いと思ってくださいといわれ・・・私も主人も覚悟はしていたものの崖から突き落とされたような衝撃でした・・・・義妹には告知はしませんでした。
これまでが、認知では?と疑ってアルツだと診断されるまでの1年間です。
この8年間を語るには、そうとうの時間がかかります・・・・それからの義妹については又折をみて書き綴っていこうと思います。
[PR]

# by usaginotubuyaki | 2009-01-22 00:03 | Trackback | Comments(7)